BITPoint

BITPoint (ビットポイント) の最新情報

BITPoint (ビットポイント) のサービス再開情報

BITPointは2019年7月11日の仮想通貨の不正流出事件が発覚して以来、全サービスを停止していました。しかし原因究明やリカバリー再対策、再発防止対策を重ねて
2019年8月6日より一部サービスを再開しています
。下の表にBITPointのサービスの現状をまとめました。

BITPointのサービス再開情報
仮想通貨の現物取引 再開済
仮想通貨のレバレッジ取引 再開済
法定通貨の入出金 再開済
仮想通貨の送金 再開済
仮想通貨の受金 2019年11月以降再開予定
新規口座開設申込を含む上記以外の全サービス 再開時期未定
editMEMO

2019年11月21日時点の情報です。

仮想通貨の売買は現物・レバレッジ取引ともに再開しています。また法定通貨の入出金も再開しているため、
すでに口座開設をしていた方は今まで通り取引ができます
。しかし新規口座開設は未だ停止中のため、これから新たにBITPointに登録することはできません。

【2019年7月12日速報】 ハッキング被害により35億円分の仮想通貨が流出

BITPointの公式発表によると2019年7月11日、同社の送金システムのエラーを感知。直後の調査により、同社が取り扱う仮想通貨、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)の5種類がホットウォレットから不正流出していることが発覚しました。

被害総額は日本円にして35億円にものぼります。BITPointは事件に伴い現在全サービスを停止しています。

流出総額の内訳は約10億円がBITPointの保有資産であり、約25億円が顧客からの預かり資産でした。

ユーザーへの補償などについての情報はは未だ明らかにされていません。

BitPoint (ビットポイント) の基本情報

基本情報
取引所/販売所 取引所
取引仮想通貨数 5種類
日本語対応
スマートフォン対応
最大レバレッジ 4倍
取引方法 FX/先物取引/信用取引/現物取引
最低取引単位 0.0001BTC
セキュリティ コールドウォレット/マルチシグ対応/二段階認証
サポート HPの充実した問い合わせフォーム
法人口座

BITPoint (ビットポイント) の特徴

仮想通貨の独自決済 「BITPoint Pay」

BITPointでは独自の仮想通貨決済サービスである「BITPoint Pay」を導入しています。

使用できる通貨はBTC (ビットコイン)、ETH (イーサリアム)、BCH (ビットコインキャッシュ)、XRP (リップル)、LTC (ライトコイン)の5種類となっており、アプリによって店舗で直接決済ができるようになっています。

BITPoint Payのおすすめポイントとしては、自動的に決済記録が行われるだけでなく、
面倒な税金計算にも対応しているという点です。
まだまだ加盟店は少ないですが、税金計算の楽さで高く評価されていることは間違いありません。今後の発展に期待がかかります。

MetaTrade4を専用FX取引専用ツールとして採用

BitPointでは、日本で初めて仮想通貨のシステムトレーディングでMT4を採用しました。MT4は、全世界で使用されているトレードツールであり、多数の分析指標を表示させたり、自動売買の設計も可能です。

国内でMT4が使える取引所はBitPointだけです。

BITPoint (ビットポイント)の口コミ・評判

良い口コミ

先述の通り流動性の小ささが少しネックであるようですが、逆にユーザーの少ない今BITPointに登録しておくことで、
今後予想される激しい流入時に大きな利益を上げようと考えている人もいるようですね。

悪い口コミ

本田圭佑さんをCMに起用するなどして知名度を上げているBITPointですが、サービスの整備にはもう少し時間がかかりそうです。

他にもBITPointに関するユーザー声は「Twitter」などで簡単に集められます。現代のSNSの発達によって、日本全国のユーザーの声をダイレクトに聞くことができるのは、トレーダーにとって大きな追い風となっています。

BitPoint (ビットポイント) のキャンペーン

BitPoint (ビットポイント) の過去のキャンペーン

リップル (XRP/Ripple) 有効化費用「全額キャッシュバック」キャンペーン

キャンペーン中に初めてリップルを受金された方に、20XRP以上の購入でリップルを有効化する際にかかる費用20XRPが全額キャッシュバックされます。キャッシュバックが実施される日程はは6月20日 (木) と予定されています。

editMEMO

リップル受金有効化費用とは
リップルの受金アドレスのステータスを有効にすることです。
当初、リップルの受金アドレスのステータスはブロックチェーン上では「無効」となっていますが、「20XRP以上」のリップルを受金することによってステータスが有効となります。その際にかかるのが有効化費用です。なお一度有効化費用を支払うと、その後の受金の際は一切有効化費用が発生しません

キャンペーン期間は5月10日 (金) 16:00~5月31日 (金) 16:00までです。

BitPoint (ビットポイント) の現在のキャンペーン

こちらは各仮想通貨取引所が現在開催しているキャンペーンの一覧です。

取引所名 企画名 キャンペーンまたは特典内容 口座開設
最大5万円相当ビットコインが当たるお年玉キャンペーン 期間内にビットコイン販売所またはアルトコイン販売所で、所定の種類及び金額以上の仮想通貨を購入された方を対象に抽選で最大5万円相当のビットコインが当たるキャンペーンです。
口座開設
半年間手数料10%OFF 新規でご登録いただいたユーザー様全員、登録後半年間取引手数料が10%OFFとなります。
口座開設
プレミアムテイカーキャッシュバックキャンペーン 毎月の合計売買金額が1億円を超えたユーザーに対して、集計期間内の全取引のTaker手数料の20%をキャッシュバック!
口座開設
新規口座開設完了で、もれなく1,000円プレゼント! 期間内に新規に口座開設が完了したお客様に、もれなく1,000円プレゼント!
口座開設
仮想通貨FX取引で抽選で毎日1名様に現金10,000円があたる! 『仮想通貨FX』において、1日に600万円以上の新規取引を行ったお客さまを対象に、抽選で毎日1名様に現金1万円をプレゼントするキャンペーンを実施中!!
口座開設
手数料すべて無料になっちゃうキャンペーン レバレッジ手数料を含む全ての手数料が無料になるキャンペーン!
口座開設
2000円相当ビットコインもらえるキャンペーン! 新規にベーシックアカウントを開設し、初回に10万円以上の入金を行った方にもれなく2000円相当のビットコインをプレゼント!
口座開設

現在はBITPointはキャンペーンを開催していません。しかし今後のサービスの再開に伴ってキャンペーンを開催する可能性が高いので、きちんと情報を確認しておくと良いでしょう。

BITPoint (ビットポイント) のメリット

BITPointのメリットとして以下の5つが挙げられます。



BITPoint (ビットポイント) の5つのメリット
  • 手数料が無料
  • 充実した電話対応
  • 独自のウォレット機能
  • トムソンロイターへのBTC提供
  • 提携銀行が多い

それでは詳しく見ていきましょう!

メリット1 手数料が無料


BITPointは様々な手数料が無料
です。仮想通貨の入金手数料・出金手数料が無料なのに加えて、大きな特徴である即時入金サービスも無料です。即時入金サービスとは取引サイトからの簡単な操作で、金融機関口座から24時間365日、リアルタイムに資金が移動するサービスです。こちらのサービスは「ジャパネット銀行」と「イオン銀行」から利用可能です。その他にも口座開設料金も無料です。

ただし
法定通貨である日本円の入出金には手数料が、ビットポイントMT4取引には別途スワップ費用が、レバレッジ取引には別途建玉管理料が必要
となりますので注意しましょう。

メリット2 充実した電話サービス対応


仮想通貨取引所で電話対応サービスがあることは非常に珍しく、国内の取引所ではBITPointのみになります

メールだけの対応ですと、どうしても不安が残るという方がいると思います。そんな方は電話対応があると安心できると思います。サービス対応の時間は土日祝日を除く午前9時から午後5時までです。

メリット3 独自のウォレット機能

BITPointは独自のウォレットアプリを配信していて、それを使い店舗での決済ができます。仮想通貨の売買はできません。決済に使える通貨はビットコインとイーサリアムです。

ウォレットとは仮想通貨を守るセキュリティ用の「財布」と考えてもらって構いません。


自分の仮想通貨を守る上ではなくてはならないアイテムですので、もし実際に活用してみたい方はこちらの記事をご覧ください

メリット4 トムソン・ロイターへのBTC価格提供

2016年11月に
BITPointが大手通信企業のトムソンロイターの子会社と提携を組み、ビットコインの価格情報を提供することを発表しました
。この情報が普及することで、国内のビットコインの標準価格が決まっていくことになります。

メリット5 提携銀行が多い

現在では先ほど紹介した「ジャパネット銀行」「イオン銀行」の他に下記の銀行と提携を組んでいます。

他にも以下のような銀行と提携を結んでいます。

  • ゆうちょ銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 東京スター銀行

その他にも日本最大級のLCCであるPeach Aviation株式会社と業務提携したことで話題にもなりました。この提携がうまく行けば仮想通貨で航空券の購入ができるようになります。

BITPoint (ビットポイント) のデメリット

BITPointのデメリットとして次の5つが挙げられます。



BITPoint (ビットポイント) の5つのデメリット
  • ハッキング被害があった
  • 取引通貨が少ない
  • 取引が成立しにくい
  • クレジット入金ができない
  • 入金処理が遅い

デメリット1 ハッキング被害があった

2019年7月11日、同社の送金システムのエラーを感知。直後の調査により、
同社が取り扱う仮想通貨、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)の5種類がホットウォレットから不正流出していることが発覚しました

被害総額は日本円にして35億円にものぼります。BITPointは事件に伴い現在全サービスを停止しています。

流出総額の内訳は約10億円がBITPointの保有資産であり、約25億円が顧客からの預かり資産でした。

ユーザーへの補償などについての情報はは未だ明らかにされていません。

デメリット2 取引通貨が少ない

BITPointは
取引できる通貨ペアが8つと国内の取引所と比べると多くはありません
。様々な通貨を取引したい方には物足りない取引所となるでしょう。

しかしながら、
取扱通貨が多い取引所が良いかといえば、単純にそうではありません。
海外には200を超える仮想通貨を取り扱っている取引所もありますが、そのほとんどは流動性の低い草コインや、所在不明の怪しいコインなどで溢れかえっており、ユーザーの安全はそれほど保証されていないことがほとんどです。

それに比べてBITPointは確かに取扱通貨は少ないですが、安心して利用できる信頼性の高い通貨のみを取り扱っている、と言い換えることもできますので、
取扱通貨の少なさはそれほど大きなデメリットではないともいえます

デメリット3 取引が成立しにくい

こちらの理由は2つあります。

1つ目の理由は
取引所形式であることです
。取引所形式ですと売りたいときに買いたい人がいなければ売ることはできません。逆もまた然りです。そのためアルトコインなど流動性が低い通貨の取引では特に取引が成立しづらくなります。

2つ目の理由は
他の取引所と比べるとユーザー数が少ないことです
。ユーザー数が少ないということは取引したい人が少ないということに直結するため、当然マーケットも活発でなくなります。したがって市場が硬直してしまいがちなようです。

デメリット4 クレジット入金ができない

クレジット入金ができないことがデメリットとして挙げられますが、
国内では全ての取引所でクレジットカードは使えませんのでそこまで注目する必要性はないでしょう

また、現在クレジットカード会社が仮想通貨の購入を禁止している動きがあります。この流れは今後も続いて行くのではないのかと考えられています。

デメリット5 入金処理が遅い

BITPointは入金に時間がかかるという声もあるようです。確かに入金に手間取ってしまうと、取引をするまでに時間がかかりストレスになるのは事実です。

特に平日の15時以降に入金を行うと、反映が翌日になってしまうので注意が必要です。

BITPoint (ビットポイント) の取扱仮想通貨

取扱仮想通貨数
取扱仮想通貨数 5種類
通貨ペア数 8種類

決済通貨は日本円とBTC (ビットコイン)の2種類となります。

主な取扱仮想通貨
取扱通貨 現物取引 レバレッジ取引
BTC (ビットコイン)
ETH (イーサリアム)
BCH (ビットコインキャッシュ)
LTC (ライトコイン)
XRP (リップル)


BITPointの取り扱っている仮想通貨の特徴
などについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

BITPoint (ビットポイント) の手数料

アカウント・口座開設手数料

アカウント・口座開設手数料
アカウント・口座開設 無料
口座維持手数料 無料

BITPointの口座開設には手数料がかかりません。また口座開設してからの維持費も一切かからないので、仮想通貨の相場が盛り上がりを見せるのに備えて口座開設しておくことをおすすめします。

入出金手数料

入出金手数料
手数料 法定通貨 仮想通貨
入金手数料 無料 ※振込手数料別途 無料
出金手数料 無料 ※振込手数料別途 無料

BITPointでは
入出金手数料も基本的にかかりません
。少額からでも気軽に仮想通貨取引を始められるので、初心者の方にもおすすめです。

取引手数料

取引手数料
銘柄 現物取引 レバレッジ取引
BTC (ビットコイン) 0% 0.035%/日(スワップ手数料)
ETH (イーサリアム) 0%
XRP (リップル) 0%
BCH (ビットコインキャッシュ) 0%
LTC (ライトコイン) 0%

BITPointでは、
取引手数料もすべて無料となっています
。レバレッジ取引の際にはスワップ手数料が発生するものの、現物取引をしている限りは手数料が発生することはないので気軽に取引できます。

BITPoint (ビットポイント) のFX・レバレッジ

BITpointのFX・レバレッジの基本情報
最大レバレッジ倍率 4倍
追証 なし ※例外あり
ロスカット 証拠金維持率が100%を下回った場合

かつてのBITPointでのFXは、最大25倍までレバレッジをかけた取引が可能となっていました。高いレバレッジをかけることで、少ない資産で大きな利益を出すことができたというわけです。

国内仮想通貨取引所では、基本的にレバレッジが低めに設定されていましたので、それはBITPointの大きなメリットと言えたでしょう。

しかしながら金融庁の規制により、BITPointは最大レバレッジ倍率を4倍に引き下げる方針を固め、2019年4月現在では最大レバレッジ倍率は4倍に引き下げられてしまいました。

一部では
今後国内全ての取引所での最大レバレッジ倍率は4倍に引き下げられる
とも言われていますので、今後の動向に注目が必要です。

BITPoint (ビットポイント) の取引ツール

BITPointでは便利な取引ツールが採用されています。取引ツールを利用することで、有利に仮想通貨取引を行うことができるのです。使い方を覚えておいて損はないでの、ぜひ使い方を覚えておきましょう。

MT4 (メタトレーダー4)

MT4を利用することでスムーズにFX取引を行うことができます。BITPointではMT4を利用したFX取引に対応しているのです。MacOSには対応していませんが、スマホやWindowsのOSには対応しています。

MT4では主に「指定通貨のチャート」「気配値」「トレード画面」「取引履歴」といった機能を利用することができるツールです。

先述の通り「MT4」はBITPointの目玉とも言えるトレーディングツールです。「MT4」なしにはBITPointを語ることはできませんので、この機会にぜひ「MT4」について勉強してみましょう。

BITPoint ADVANCE (ビットポイントアドバンス)

BITPoint ADVANCEは、BITPointで採用されているトレードツールです。チャート・注文画面・ニュース・取引板などが、すべて1つの画面で確認することができます。

レバレッジ取引を行う場合は、別口座を申請する必要があるので注意しましょう。


投資可能資金が50万円を切っていると審査落ちします
。レバレッジ取引の口座開設を申請するときは、投資可能資金にも注意しましょう。

チャート画面は初心者にはなかなかわかりづらく、熟練者でも完全に使いこなせている人は多くはないでしょう。

BITPoint (ビットポイント) のスマホアプリ

BITPointでは取引所から公式スマホアプリがリリースされています。スマホアプリをダウンロードしておけば、外出先からでもスムーズに取引所へアクセスすることができるのです。急な価格変動などに備えて、スマホアプリをダウンロードしておきましょう。

BITPointが公式にリリースしているスマホアプリは以下の3種類です。

BITPoint Lite

アプリ機能一覧
スマホ対応
現物取引
FX
信用取引
ウォレット(送金)
Web対応

BITPointからリリースされている「BITPoint Lite」では、仮想通貨の売買や資産の管理をカンタンに行うことができます。資産の状況や保有しているポジション、そして過去のポジションなどもすぐに確認できるので便利です。

BITPointでアカウント登録している方は、ぜひスマホアプリをダウンロードしておきましょう。

BITPoint Wallet

BITPoint WalletとはBITPoint独自の仮想通貨ウォレットアプリのことです。

仮想通貨を管理できるだけでなく決済用にも利用できるなど、BITPointユーザーは利用しておいて損はないでしょう。

対応通貨はBTC (ビットコイン)、ETH (イーサリアム)、BCH (ビットコインキャッシュ)、XRP (リップル)、LTC (ライトコイン)の5種類となっており幅広いラインナップになっています。

BITPoint Pay

先述の通り、BITPoint独自の決済サービスとなっています。BITPoint Walletと比べて決済機能に特化していますので、QRコードによる決済が可能となっており、従来以上のスピーディな店舗決済が可能となっています。

2019年4月現在、対応しているウォレットは上の「BITPoint Wallet」のみとなっていますので、利用の際は「BITPoint Wallet」をダウンロードしておきましょう。

今ご紹介しただけでもBITPointには3種類ものアプリが存在します。どれも機能性が高いと評判で用途をしっかりと使い分けることでかなりトレードがやりやすくなります。

BITPoint (ビットポイント) の使い方

BITPointで日本円や仮想通貨の入出金方法、そして仮想通貨の注文方法を解説します。使い方を覚えて、円滑にBITPointを利用しましょう。

BITPoint (ビットポイント) の入金手順・方法

BITPointでの入金の方法は以下の2種類があります。

  • 通常入金
  • クイック入金

通常入金の方法

BITPointで日本円を入金するには、まずBITPointのアカウントにログインしましょう。

アカウントにログインしたら「入出金・振替」をクリックして、法定通貨入出金から「入金先口座情報」をクリックしてください。

入金先口座情報」からお客様専用入金口座を確認して、指定の口座に入金するようにしましょう。振込者の名義は、アカウント登録している名義と同じ名義を入力してください。

BITPointのお客様専用入金口座へ通常入金の手続きを行った場合、営業日の16時までの入金は当日に反映されます。しかし16時以降の入金は、翌営業日に反映されるので注意しましょう。

クイック入金の方法

BITPointで日本円をクイック入金するには、まずBITPointのアカウントにログインしましょう。

アカウントにログインしたら「入出金・振替」をクリックして、法定通貨入出金から「即時入金」をクリックしてください。

イオン銀行かジャパンネット銀行を選択しましょう。そして入金額を入力して「確認画面」をクリックします。確認画面が表示されるので、入金額を確認したら取引暗証番号を入力してください。「入金依頼」をクリックすれば手続きは完了です。

毎営業日の16時から16時10分の間は日替わり処理の時間帯にあたります。そのため即時入金は反映されません。翌日10時以降の入金として、通常の処理が行われます。

BITPoint (ビットポイント) の送金手順・方法

日本円出金

BITPointで日本円出金するには「入出金・振替」をクリックして、「出金」をクリックしましょう。出金手続き画面が表示されたら、指定方法の「金額指定」か「全額」を選んでクリックしてください。

出金額を設定したら「確認画面」をクリックしましょう。BITPointの出金手数料や反映時間は以下のとおりです。

出金情報一覧
出金反映時間 出金依頼日から翌々営業日
出金手数料 銀行振込手数料分のみ

仮想通貨送金 (出金)

BITPointから仮想通貨を他の取引所やウォレットに送金するには、まず「入出金・振替」をクリックして「送金(送付)」をクリックしましょう。画面が移動したら「送金する仮想通貨」を選択してください。

送金先アドレス」と「送金額」を入力して、「認証番号取得」をクリックしましょう。BITPointから認証番号を記載したメールが届きます。「認証番号」と「取引暗証番号」を入力して、「確認画面」をクリックしてください。

仮想通貨の出金反映時間は、仮想通貨ごとの性能や送金詰まり具合に依存します。

BITPoint (ビットポイント) の買い方

BITPointでの仮想通貨の買い方を解説します。まずはBITPointのアカウントにログインしましょう。

アカウントにログインしたら、上メニューの仮想通貨取引から「仮想通貨取引」を選択してクリックしてください。

取引画面に移動したら、「現物取引」「レバレッジ新規」「レバレッジ決済」から注文方法を選択しましょう。仮想通貨を普通に購入するだけであれば「現物取引」を選択してください。

次に注文画面から「ストリーミング」「シングル」「逆指値」を選択しましょう。各注文方法の特徴は以下のとおりです。注文画面に表示されている項目に、注文内容を記入して「注文」をクリックすれば注文は完了します。

注文方法一覧
ストリーミング 不利な価格ではあるが、提示された価格で必ず約定する。
シングル シンプルな注文方法で、成行と指値を選択することができる。
逆指値 指定価格以上で買い注文、指定価格以下で売り注文を出すことができる。

BITPoint (ビットポイント) のセキュリティ

BITPointのセキュリティ対応を下記の表にまとめました。

セキュリティ対応
コールドウォレット
マルチシグ
2段階認証
アカウントロック
取引所暗証番号
マルチシグ
ログイン履歴の通知
その他対策 資産の分別管理

コールドウォレット

インターネットから完全に切り離されたウォレットのこと。コールドウォレットを用いることで、不正アクセスなどによる仮想通貨盗難の危険性はなくなりますが、コールドウォレットを物理的に盗まれてしまう危険性が存在することに注意しましょう

2段階認証

スマートフォンを使い、メールアドレスとパスワードでのログインの他に認証コードなどによってセキュリティを高める方法です。ほとんどの取引所・販売所で導入されているサービスですが、個人の資産を守るためには欠かせないので必ず設定しましょう。

SSL通信

インターネットによる情報を暗号化する技術です。

アカウントロック

パスワードを一定回数以上間違ってしまうと、アカウントへのログインがロックされる技術です。

取引時暗証番号

自分自身で設定する暗証番号のことです。

マルチシグネチャ

複数のシグネチャ(署名)を活用して、セキュリティを高める方法です。

ログイン履歴の通知

メールなどでログイン時に確認のメッセージが届きます

BITPoint (ビットポイント) の安全性・信頼性

マザーズ上場のリミックスポイントの子会社

BITPointは電気関連事業や中古車販売事業を展開している
マザーズ上場の株式会社リミックスポイントの子会社です
。このことから資金が豊富だと考えられていて、信頼性という面では他の取引所と比べると高評価のようです。

また、役員のメンバーも注目されていて、特別顧問には元金融庁長官の日野氏、代表取締役社長には事業売却・ベンチャーキャピタリストといった実績のある小田氏が配属されています。

信託スキーム

こちらはBITPointによって日本で初めて導入したサービスです。日証金信託銀行株式会社に利用者の資産を信託し、BITPoint社の資産と分けて管理を行うことです。

このサービスによってBITPoint社に何らかの問題が発生した場合でも、
利用者の資産が失われるということはありません
。こちらもまた信頼性を高めている材料の1つです。

BITPoint (ビットポイント) の口座開設方法

2019年11月時点でBITPointは新規口座開設の受付を停止しています。

BITPointでアカウント登録・口座開設する手順を開設します。BITPointは取引手数料や仮想通貨の送金手数料などが無料なので、アカウント登録・口座開設しておいて損はありません。

BITPointの口座開設手順は、以下の手順で進んでいきます。

口座開設 全STEP
STEP1 準備
STEP2 ガイド・規約への同意
STEP3 フォーム入力
STEP4 本人確認情報の登録
STEP5 ハガキの受け取り
STEP6 口座開設完了確認

STEP1 準備

まずは口座開設に必要なものを準備しましょう。必要なものはこちらです

本人確認資料は下記のいずれかをご準備ください。

本人確認資料

顔写真ありの場合、以下から1点を提出
・運転免許証
・パスポート
・住民基本台帳カード
・運転経歴証明書
顔写真なしの場合、以下から2点を提出
・健康保険証
・介護保険証等健康保険証
・住民票の写し
・年金手帳
・児童扶養手当証書
・福祉手帳
・国税、地方税の領収書
・社会保険料の領収証書
・公共料金の領収書
・納税証明書
・印鑑証明書

他にも下記の準備が必要になります。

ご自身のメールアドレス
GmailやYahooメールなど普段お使いのメールアドレスの記入で構いません。準備をしておきましょう。なお、金銭的なやりとりが発生する大事な口座ですので、できるだけ普段お使いのメールアドレスに集約されることをおすすめします。
出金口座
お持ちの預金銀行との連携で、口座番号などが必要です。なお、本人名義であるかどうかも念のため確認しておきましょう。
スマートフォン
セキュリティレベルを高くする2段階認証や電話番号登録の際に必要です。できれば手元に置いて作業しましょう。

STEP2 ガイド・規約への同意

BITPointでアカウント登録するには、まずガイドラインや利用規約への同意が必須です。面倒な作業になりますが、なるべく目を通しておくことをオススメします。

STEP3 フォームの入力

同意が済んだら、アカウント登録に必要な個人情報などの入力を行いましょう。住所や氏名などの入力情報に誤りがあると、本人確認がスムーズに進まなくなります。すべての情報を入力し終えたら、入力情報にミスがないか確認しましょう。

STEP4 本人確認情報の登録

本人確認書類は、顔つきであれば1部提出で本人確認が完了します。顔写真が付いていない本人確認書類を提出する場合は、2部用意して提出してください。

STEP5 ハガキの受け取り

アカウント登録・口座開設の手続きを完了すると、BITPointからハガキが郵送されます。ハガキが到着するまで、2~3営業日かかるので待ちましょう。

STEP6 口座開設完了確認

ハガキが到着したら、ハガキに記載されている初回ログイン情報を確認しましょう。初回ログイン情報を入力してログインすれば、BITPointでの口座開設は完了です。

BITPoint (ビットポイント) のまとめ

BITPointは運営企業の信頼性が高く安心して取引ができるうえに、手数料も小さい優良な仮想通貨取引所と言えます。これから仮想通貨取引を始めたいけれど、どの取引所が良いか分からない初心者の方にもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

VCTRADE